BIOGRAPHY

萩原大介 (ハギワラ ダイスケ)

1月11日生 兵庫県出身

中学の時に、

Elvis Costello,  THE BEATLES,NIRVANA

等に出会い曲を書き始める。

高校卒業後上京。

cublic-setts(キューブリックセッツ)を結成し7年間活動。

ワンマンライブや主催イベント、音源の全国リリース、テレビ出演etc...精力的に活動を展開。

2007年12月27日 東京 下北沢CLUB251でのライブをもって解散。(友人のイベント5バンド出演の2番目出演にも関わらず、アンコールが起きる。)



2010年

バンド解散後、ギター1本抱えイギリスへ。

ストリートやオープンマイクなどで

数々ライブを経験。

イギリスでのリリース話も浮上するが、

日本でのリリースにこだわり帰国。

イギリスでの経験や日本ツアーをもとに、

楽曲制作準備を経て

2010年9月8日

1st album「風景の唄」を全国リリース。

2010年10月~11月

2ヶ月間、ヨシモト∞ホールにレギュラー出演。

(番組オープニングでのミニLIVE)

週2回、3ステージ/日

日本テレビ番組「音の素」ゲスト出演。

(パーソナリティ:藤井隆、椿鬼奴)

「感情パズル」がFMラジオのパワープレイに決定し、様々なラジオ番組にゲスト出演。 

2010年12月5日

下北沢440にて初のワンマンLIVEを開催、

大盛況のうちに幕を閉じる。

  


2011年

1月4日よりustreamにて萩原大介の週刊「パズルなテレビ」毎週火曜日23時~生配信をスタート。

(現在はツイキャスでの不定期配信)

東京都,新潟県2都市において、

LIVE会場限定「マンスリーレコ発LIVE」を毎月開催。

楽曲のリリースに合わせ、ブログ内で短編小説も発表する。

2011年12月11日

2回目となるワンマンLIVEを下北沢440で開催。

大盛況のうちに幕を閉じる。



2012年

2月23日下北沢CLUB251にて、活動5周年記念イベントを開催。

2012年10月~12月にかけて山手線一周ストリートライブを行う。新大久保駅~新宿駅まで29ヶ所。

最終日新宿駅にて警察に注意され誓約書を書かされ終了。

2012年12月12日

3回目となるワンマンLIVEを下北沢440で開催。

大盛況のうちに幕を閉じる。



2013年

2月6日2nd album「希望の唄」を全国リリース。

2013年2月19日レコ発LIVEを原宿の美容室SOZO HAIR MAKEにて開催。満員御礼、大盛況で幕を閉じる。

2013年11月9日

初となる新潟県でのワンマンLIVE「黄昏の唄」を長岡市gallery沙蔵にて開催。



2014年

4月3日新潟県で初の主催イベントを開催。

2014年7月29日6回目となるワンマンLIVEを四谷天窓.comfortにて開催。

原点となる弾き語りでのワンマンLIVE。

2014年8月より

新たな活動を模索すべく、拠点を関西に移す。



2015年

12月12日初となる関西での主催イベントを谷町九丁目ワンドロップにて開催。



2016年

2月27日7回目となるワンマンLIVEを兵庫県西宮市TREKにて開催。



2017年

関西エリアに集中しライブハウスやライブバーを中心にライブ活動を行う。



2018年

萩原大介として音楽活動10周年を迎え、

ベストアルバム「2008-2018」、

販売終了した音源集「another collection」、

2タイトルをライブ会場限定でリリース。

地元関西でのワンマンライブ2本、主催イベント2本、久々の遠征ライブも行う。



2019年

2月~5月にかけて自身初となるワンマンライブツアーを東京、新潟、三重、大阪 4都市で開催。

ファイナルの大阪は

”お客さん100人呼びます大阪単独公演”

と題し大盛況で幕を閉じる。

7月5日より

FMaiai毎週金曜日12時〜ラジオ番組レギュラーパーソナリティーとして「萩原大介の週刊パズルなラジオ」がスタート。

9月~12月にかけて「アルメリア」リリースツアー

6公演が決定。

12月27日には12年ぶりにcublic-setts一夜限りの再結成ライブを行う。



2020年

2月5日3rd album 「夕凪の唄」を全国リリース。

2月29日東京ナカノステレオ より

夕凪の唄リリースツアー2020がスタート。